BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

竜馬がゆく 三 名言と作品紹介

内容紹介

浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。勝との触れ合いによって、かれはどの勤王の志士ともちがう独自の道を歩き始めた。生麦事件など攘夷熱の高まる中で、竜馬は逆に日本は開国して、...▼

名言抜粋

生死はもと一つで、単に形を変え...
他人の命は他人様それぞれの料簡...
人の命は事を成すためにある。
人間の毒性ばかりをこせこせと見...
議論などは、よほど重大なときで...
人生は一場の芝居だというが、と...
人間、好きな道によって世界を切...
人間に本来、上下はない。浮世の...
人間、たれしも、自分の肉体のど...
人の一生というのは、たかが五十...
司馬遼太郎『竜馬がゆく 三』文春文庫
‹ 竜馬がゆく 二竜馬がゆく 四 ›
こちらも閲覧されています