BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

竜馬がゆく 二 名言と作品紹介

内容紹介

黒船の出現以来、猛然と湧き上ってきた勤王・攘夷の勢力と、巻き返しを図る幕府との抗争は次第に激化してきた。先進の薩摩、長州に遅れまいと、固陋な土佐藩でクーデターを起し、藩ぐるみ勤王化して天下へ押し出そう...▼

名言抜粋

すこしぐらい阿呆なほうが結構じ...
男は、危機に立ってはじめて真価...
生きものに愛しみを持たぬやつは...
武士の剣には、千年のあいだ、剣...
学問は必要じゃとわかった。古今...
歴史こそ教養の基礎だというので...
想うても詮ないひとを、いつまで...
花は咲いてすぐ散る。その短さだ...
女は言葉に出していってくださら...
人生、故旧とめぐりあうことほど...
司馬遼太郎『竜馬がゆく 二』文春文庫
‹ 竜馬がゆく 一竜馬がゆく 三 ›
こちらも閲覧されています