BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

ダンス・ダンス・ダンス 上 名言と作品紹介

内容紹介

『羊をめぐる冒険』から4年、激しく雪の降りしきる札幌の街から「僕」の新しい冒険が始まる。奇妙で複雑なダンス・ステップを踏みながら「僕」はその暗く危険な運命の迷路をすり抜けていく。70年代の魂の遍歴を辿...▼

名言抜粋

我々は高度資本主義社会に生...
いいですか、あの子に必要な...

概要

作中の「僕」は『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』の主人公と同一人物。前三作に比べて、活字の量・物語性が増している。資本主義の高度発展への社会批判、空虚感と孤独感が本書の特徴として挙げられる。
村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス 上』講談社文庫
‹ 14歳からの社会学ダンス・ダンス・ダンス 下 ›
こちらも閲覧されています