127
ヘンリ・ライクロフトの私記

Content

内容紹介

南イングランドの片田舎に隠栖して独り古典と田園の世界に心豊かに生きる一人物の自伝に仮託して書かれたギッシング最晩年の作。繊美この上ない自然描...▽

冒頭・書き出し

このところ一週間以上も私はペンを放りっぱなしにしていた。まる七日間というもの、私はなにも、それこそ手紙一本書かなかったのだ。一、二回病気にやられた
...▽

名言抜粋

人生というものはのびのびと生き...
本来ならば、金を稼ぐということ...
五十年余の生活が私に教えてくれ...
日ましに世間は騒々しくなってゆ...
人々は、お金では貴いものは買え...
ヘンリ・ライクロフトの私記
ギッシング
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

飛ぶ教室
ケストナー
不思議の国のアリス
ルイス・キャロル
ホイットマン詩集
ホイットマン
ハックルベリーフィンの冒険
マーク・トウェイン
オセロー
シェイクスピア
月と六ペンス
モーム
一九八四年
オーウェル
罪と罰 3
ドストエフスキー
失楽園 上
ミルトン
フランケンシュタイン
シェリー
人形の家
イプセン
ゴリオ爺さん
バルザック

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング