BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

利己的な遺伝子 名言と作品紹介

内容紹介

「なぜ世の中から争いがなくならないのか」「なぜ男は浮気をするのか」―本書は、動物や人間社会でみられる親子の対立と保護、雌雄の争い、攻撃やなわばり行動などが、なぜ進化したかを説き明かす。この謎解きに当り...▼

名言抜粋

われわれおよびその他のあらゆる...
個人個人が共通の利益に向かって...
遺伝子レベルでは、利他主義は悪...
自然淘汰によって選ばれるのは、...
多くの種では母親は父親より自分...
私たちは、子どもたちに利他主義...
父親が勤勉かつ忠実に子のめんど...
雌が最終的に同意するまで交尾を...
雌がすべて尻軽型から成るような...
雌が家庭第一の雄を選ぶ戦略を行...

作品について

この本はサイエンス・フィクションのように読んでもらいたい。イマジネーションに訴えるように書かれているからである。けれどこの本はサイエンス・フィクションではない。それは科学である……われわれは遺伝子という名の利己的な分子を保存するべく盲目的にプログラムされたロボット機械なのだ。この真実に私は今なお驚きつづけている。(本書より)
リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』紀伊國屋書店
‹ 銃・病原菌・鉄 下国富論 上 ›
こちらも閲覧されています