BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

生死

以下の本で言及
生ける者 遂にも死ぬる ものにあれば この世にある間は 楽しくをあらな
...
いずれ死ぬことを認めて、いつ死んでもいいように準備すること。そのほうがずっといい...
遠いくせに近いもの。極楽。船の旅。男女の仲。...
然し人間は健康にしろ病気にしろ、どっちにしても脆いものですね。いつどんな事でどん...
死を精神的になんらかの形で生から切り離したり、生に対立させ、忌わしくも死と生を対...
ここにいるこの老いたる人は、まさに一つの生命を生き、それを終えて死んだだ。わしは...
なぜ人々が過ぎた日々をなつかしみ、死者を存在させつづける信仰をつくったのか、今わ...
人間の心が、入り乱れ矛盾し合ういろいろの迷宮からどうしても逃げだせなくなると、人...
生か、死か、それが疑問だ、どちらが男らしい生きかたか、じっと身を伏せ、不法な運命...
それにしても、死は奇妙なものだ。いくら経験しても、自分の親しい者には起こらないよ...