BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

名著の名言 人気順 3ページ目

21.
誤りは真理に対して、ちょうど睡眠が目醒めに対すると、同じ関係にある。人が誤りから覚めて、よみがえったように再び心理に向うのを、私は見たことがある。
22.
結婚の幸福なんて、まったくの運ですもの。二人の性質がたがいに残りなくわかっていても、それとも、まえからまるで似ていたとしても、そんなことは、ちっとも幸福を増すことにはりません。いつもあとになって似ても似つかぬものになって、すっかり悩みを分けあうことになるのよ。だから、生涯をともにすごす人のいろんな欠点なんか、できるだけ知らないほうがいいのよ。
23.
のちの人生にいかなる困難があろうとも、子供時代だけは幸せに送る権利があると思います。
24.
ひとつだけきみに言っておくけどね、人生でいちばん危険なことは、かなえられるはずのない夢が、かなえられてしまうことなんだよ。
25.
反逆とは、行動に表れる前に、心の中にひそかに芽生えるものだ。
26.
ほんとうにどんなつらいことでもそれがただしいみちを進む中でのできごとなら峠の上りも下りもみんなほんとうの幸福に近づく一あしずつですから。
27.
自分が消費するものよりも、もっと多くのものを生産して世の中に送り出している人と、何も生産しないで、ただ消費ばかりしている人間と、どっちが立派な人間か、――こう尋ねて見たら、それは問題にならないじゃあないか。生み出してくれる人がなかったら、それを味わったり、楽しんだりして消費することは出来やしない。生み出す働きこそ、人間を人間らしくしてくれるのだ。これは、何も、食物とか、衣服とかいう品物ばかりのことではない。学問の世界だって、芸術の世界だって、生み出してゆく人は、それを受け取る人々より、はるかに肝腎なんだ。
28.
どんな地位にせよ、誰かを任命するときには、能力の高さよりも品行の正しさを重視する。
29.
ぼくはおっかさんが、ほんとうに幸になるなら、どんなことでもする。けれども、いったいどんなことが、おっかさんのいちばんの幸なんだろう。
30.
生きるということがこんなに灰色でおもしろみがなく、神秘なことも驚くこともないのが、これまでどうしても納得できなかった。みんなは、二言目には、これが人生さといいはるけれども。